イントロダクション

EnerBlue のシナリオでは、80ドル/米ドルを超える根本的かつ急激な原油価格の上昇は近い将来には予見されません。我々はむしろ、NDC目標に向けた世界的協力の文脈において、地政学的リスクが限定された、持続的な世界的過剰供給を観察します。
国際的な化石燃料価格に加えて、POLES モデルに基づく完全なEnerFutureのグローバル予測サービスでは、エネルギーおよびセクター別のエンドユーザー価格を含むさらなるエネルギー価格が利用可能です。

トレンド 2000-2040 – EnerBlue scenario

(地理的)政治的理由(特にベネズエラやリビアでの緊張、イランなど他の国々での米国の制裁措置)と、OPECとロシア間の利益の収束により生産レベルを制限する意向を表明したことにより、原油価格は1バレル当たり60米ドルを超えると予想されます。 しかし、米国の生産が増加しているため、これは長期的には必ずしも持続可能とは限りません。サウジアラビアは、サウジアラムコの部分民営化の可能性をより高く評価するために、原油価格を押し上げることに短期的な関心を持っています。

しかし、長期的に見れば、世界最大の低コストの石油埋蔵量を持ち、世界的なエネルギー転換の重要性と取り残された埋蔵量にとどまる危険性を認識している王国。したがって、原油価格は2040年まで1バレル当たり50ドルから80ドルの間で推移すると予想されます。短期的には、短期的な経済的、金融的、政治的な出来事に反応して価格が急上昇する可能性があります。市場の現実現在の原油価格60〜70ドルは、すでに10〜20ドルの地政学的リスクプレミアムを含んでいます。

EnerOutlookプレゼンテーション

EnerOutlook

EnerOutlook 2019のプレゼンテーションをダウンロードして、さまざまな世界の地域における私たちの中心的シナリオであるEnerBlueの主な結果の概要をご覧ください。
プレゼンテーションには、このシナリオの根本的な仮定の詳細が、洞察に富んだグラフや2040年までのエネルギーシステムの将来に関する学習とともに含まれています。

出版物をダウンロードする

08
Nov

Gujarat (India) sets 30 GW renewable capacity target by 2022

The State of Gujarat (Western India) aims at increasing its renewable power capacity from the current 9.7 GW to 30 GW by 2022. The existing renewable power capacity of Gujarat is divided between wind (6.9 GW) and solar (2.6 GW). In September 2019, the State Government of Gujarat decided to no longer give clearance to new thermal projects. Gujarat's thermal installed capacity reached 22.3 GW in July 2019 with coal-fired capacity representing 14.2 GW.

07
Nov

OPEC unveils forecast for oil demand growth

OPEC has released its World Oil Outlook 2019, including long-term projections and assessment for the global oil and energy industry. According to the OPEC, total primary energy demand would increase by 25% between 2018 and 2040. Even if gas should post the largest demand growth through 2040 in absolute terms (renewable energies should have the highest growth in percentage terms), oil would remain the most consumed fuel in the global energy mix, with oil demand reaching 110.6 mb/d by 2040.

06
Nov

Coal India advances 1 Gt/year coal production target from 2026 to 2024

Indian state-owned coal producing giant Coal India has decided to advance its coal production target of 1 Gt/year by two years, from 2026 to 2024. The group had initially set this target for 2020 but had to postpone it to 2026 in September 2018, citing changes in India's carbon emission targets, slow industrial growth, changing energy mix, environmental difficulties and land acquisition challenges. This higher coal output is aimed at meeting rising power demand. The Ministry of Coal and Mines now expects Coal India's production to reach 750 Mt in the next fiscal year (2020-2021), from 607 Mt in 2018-2019 and a target of 660 Mt in 2019-2020.

06
Nov

South Korea will close 2.6 GW of old coal-fired power capacity by 2021

As part of its efforts to reduce air pollution, South Korea will decommission six older coal-fired power units with a total capacity of 2.6 GW by 2021, a year before than previously planned. Coal-fired plants to be stopped are Samcheonpo units 1&2 (2x560 MW, operated by KOSEP), Boryeong units 1&2 (2x500 MW, operated by Komipo) as well as Honam units 1&2 (2x250 MW, operated by EWP).


その他のニュース

EnerFuture:世界のエネルギー予測

EnerFuture

EnerFutureは2040年までのエネルギー予測を提供しています。当社のサービスは、エネルギー需要、価格、および温室効果ガス排出量の将来についての明確な洞察を提供します。

詳しくは

限界削減コスト曲線 - MACC

EnerFuture MACC

Enerdataの長期的なMACCにより、世界的に認められているPOLESモデルからユニークな洞察と包括的なデータを得ることができます

詳しくは