EnerOutlook 2050

EnerOutlookは、オンラインのインタラクティブなデータソフトウェアで、直感的な地図やグラフを使ってデータを閲覧し、エネルギー業界の長期的な傾向を視覚的に分析することができます。
これらは、世界全体的にも地域別にも見ることができます。 このインターフェースは、エネルギーの需給や、化石燃料価格、再生可能エネルギー、CO2排出量などの情報を提供します。

次のページに示すエネルギーシナリオは、EnerFutureという名前の予測エクササイズのEnerdataの年次更新の結果です。シナリオの設計と出力では、世界的なCovid-19衛生危機と経済への影響に関連する最新のイベントは考慮されていません。これらの影響と潜在的な経済回復計画の分析は、今後数か月の私たちの課題になります。

このアプリケーションは、POLES model モデルに基づく完全な EnerFuture グローバル予測サービスの抜粋です。

予測へのアクセス:
  • 電気および天然ガスの詳細を含む、総一次および最終消費量。
  • CO2排出量について。
  • エネルギーおよび気候指標について。
  • 全世界を7つの地域グループでカバーする。
  • 特定の国のスナップショット用の新しいタブ付き。
  • 2015年から2050年までのデータを含みます。

高度な分析のための* .xlsファイルでの自由なデータエクスポート。

EnerOutlook 2050プレゼンテーション

EnerOutlook

EnerOutlook 2050プレゼンテーションをダウンロードして、さまざまな世界の地域での中心的なシナリオEnerBlueの主な結果の概要をご確認ください。
プレゼンテーションには、2050年までのエネルギーシステムの将来に関する洞察に満ちたグラフと学習とともに、このシナリオの基礎となる仮定に関する詳細が含まれています。

出版物をダウンロードする

13
Jan

The United States plans to retire 9.1 GW of installed capacity in 2021

According to the US Energy Information Administration (EIA), the country will retire 9.1 GW of power generation capacity in 2021, including 5.1 GW of nuclear (56%) and 2.7 GW of coal-fired power plants (30%). More than 800 MW of oil-fired capacity, 253 MW of gas-fired capacity and a 143 MW biomass-fired power plant are also expected to retire in 2021.

24
Dec

China expects crude oil and gas production to increase in 2020

According to the National Energy Administration (NEA), China’s crude oil production is expected to increase by 1.6% to over 194 Mt (3.87 mb/d) in 2020, following a jump in output from the onshore Changqing and Tarim oilfields, as well as in Bohai Bay. In addition, the country’s natural gas production should increase by 7% to 186 bcm in 2020. Earlier in December 2020, the State Council Information Office has released a white paper on the country’s energy development and major policies and measures for energy reform, which plans to lift foreign investment restriction on coal, oil, gas, power generation, and new energy businesses during the 14th five-year plan period between 2021-2025.

14
Dec

Australia expected to meet its 2030 climate target

According to the government, Australia’s greenhouse gas (GHG) emissions are forecast to reach 478 MtCO2eq in 2030, which would be 22% below 2005 levels; under a scenario aligned with the Technology Investment Roadmap, GHG emissions should decrease to 436 Mt CO2-e in 2030, i.e. 29% below 2005 levels. Australia would then meet its target to reduce its GHG emissions by 26% to 28% by 2030 compared to 2005. Australia’s abatement task to meet the 2030 target should range between 56 Mt CO2eq - corresponding to a 26% reduction - and 123 Mt CO2eq, i.e. a 28% reduction over the 2021-2030 period. This should be achieved thanks to new measures aimed at accelerating the development of low emissions technologies included in the 2020-2021 budget, the steady growth in renewable power generation, and temporary effects on the COVID-19 pandemic.

10
Dec

US EIA expects a 11% decrease in energy-related CO2 emissions in 2020

According to US Energy Information Administration, the country’s crude oil production is expected to fall by 910,000 bbl/d in 2020 to 11.3 mb/d (-7.4% compared with the 2019 average). The previous forecast anticipated an 860,000 bbl/d drop. In 2021, US crude oil output is expected to decline further (-1.8%) to reach 11.1 mb/d. US petroleum and other liquid fuel consumption should decline by 2.38 mb/d to 18.16 mb/d in 2020.


その他のニュース

EnerFuture:世界のエネルギー予測

EnerFuture

EnerFutureは、2050年までのエネルギー予測を提供します。当社のサービスは、エネルギー需要、価格、およびGHG排出量の将来について明確な洞察を提供します。

詳しくは

限界削減コスト曲線 - MACC

EnerFuture MACC

Enerdataの長期的なMACCにより、世界的に認められているPOLESモデルからユニークな洞察と包括的なデータを得ることができます

詳しくは