logo Enerdata
用語集

総最終エネルギー消費量

>最終消費は、エネルギー変換部門に関連する投入および損失を除く、最終消費者のエネルギー需要を測定する。

総一次エネルギー消費量

一次消費量は、変換プロセス内のすべての損失と自家消費量を含む、国の総エネルギー消費量を測定します。

最終消費における電力のシェア

これは、電力の最終消費量とエネルギー全体の最終消費量の比率に対応します。ただし、エネルギー変換セクターに関連する投入と損失は除きます。

一次エネルギー消費における化石燃料の割合

これは、化石燃料(石炭、石油、ガス)の一次エネルギー消費量と一次総消費量の比に相当します。

電力最終消費

最終電力消費量は、エネルギー変換部門に関連する投入および損失を除く、最終消費者の電力需要を測定します。

総発電容量

設備容量:民間および公共の公益事業および自動車メーカーから。コージェネレーションと燃料電池を含みます。

総発電量

発電:民間および公共の公益事業者および自動車メーカーからの総発電量が含まれる。それはコージェネレーションと燃料電池を含みます。

一次エネルギー消費に占める再生可能エネルギーの割合

変換入力または最終需要部門における再生可能エネルギー源の一次消費量が、総一次エネルギー需要量に占める割合。

最終エネルギー消費における再生可能エネルギーのシェア

これは、再生可能エネルギーの最終エネルギー消費量とエネルギー全体の最終消費量との比率に対応します。ただし、エネルギー変換セクターに関連する投入と損失を除きます。

発電における再生可能エネルギーのシェア

発電における再生可能エネルギーの割合は、再生可能エネルギー源(風力、太陽光、大小の水力、バイオマス、地熱など)から生成される電力と総発電量の比率に対応し、 パーセンテージ(%)で表されます。

総CO2排出量(工業プロセスを含む)

CO2排出量は、化石燃料の燃焼および工業プロセスからの人為的排出量です。農業部門からのCO2排出、土地利用、土地利用の変化、林業、畜産は含まれていません。バイオマス燃焼はカーボンニュートラルであると考えられています。

発電のCO2原単位

発電のCO2強度は、1キロワット時の発電に関連する人為的なCO2排出量を表します。キロワット時あたりのCO2のグラム数(gCO2 / kWh)で表されます。

GDPに対するCO2の原単位

GDPに対するCO2原単位は、1単位の国内総生産(GDP)の生成に関連する化石燃料燃焼からの人為的なCO2排出量に対応します。この指標は、購買力平価(kgCO2/US$15ppp)で米ドルで測定されます。

一人当たりのCO2原単位

一人当たりのCO2原単位は、人口1人当たりの化石燃料の燃焼による人為起源の総CO2排出量を測定します。この指標は、一人当たりCO2トン(tCO2 /cap)で表されます。

EnerFuture:世界のエネルギー予測

EnerFutureは、2050年までのエネルギー予測を提供します。当社のサービスは、エネルギー需要、価格、およびGHG排出量の将来について明確な洞察を提供します。

詳しくは
限界削減コスト曲線 - MACC

Enerdataの長期的なMACCにより、世界的に認められているPOLESモデルからユニークな洞察と包括的なデータを得ることができます

詳しくは

12

Jul

The battery storage capacity in the US more than tripled to reach 4.6 GW in 2021 (from 1.4 GW in 2020) and increasingly broadened out of ancillary services, according to the American Energy Information Administration (EIA). The amount of battery storage capacity grew 220%, driven by the commissioning of 106 utility-scale systems with 3.2 GW of capacity. About 78% of all storage capacity added 2021 was built in regional transmission organization (RTO) service territories.

29

Jun

South Korea’s greenhouse gas (GHG) emissions rebounded by 3.5% to 679 MtCO2eq in 2021, after a 6.2% drop in 2020, according to the country’s Ministry of Environment. It represents a 6.5% decline compared to 2018 level. This increase was mostly driven by industry-related GHG emissions, which rose by 5.2% in 2021, followed by the energy sector (+3.6%), waste disposal (+1.6%) and agriculture (+0.9%).  In 2021, the energy sector accounted for 86.9% of South Korea’s total GHG emissions, followed by industry (7.5%), agriculture (3.1%) and waste disposal (2.5%). The country’s GHG emissions had been rising by an average of 1.1%/year between 2010 and 2018 and peaked at 727 MtCO2eq in 2018, before experiencing a decrease of 3.6% in 2019. South Korea aims to cut its GHG emissions in 2030 by 40% compared to 2018 levels and to reach carbon neutrality by 2050.

28

Jun

Australia's greenhouse gas (GHG) emissions rose nearly 1% in 2021, as driving and travel increased and as manufacturing activity recovered from the Covid-19 pandemic. The Australian Department of Industry, Science, Energy and Resources estimates that Australia’s total GHG emissions in the year to December 2021 reached 488 MtCO2eq, showing an increase of 4.1 MtCO2eq (0.8%) compared to the previous year. These results reflect an ongoing reduction in emissions from electricity, as well as an increase in emissions from transport, stationary energy (excluding electricity), agriculture and fugitive emissions.

16

Jun

France’s greenhouse gas (GHG) emissions except LULUCF rose by 6.4% to 418 MtCO2eq in 2021, after a 9.6% drop in 2020, according to preliminary figures from Citepa, representing a 23% decline compared to 1990 levels. This 2021 increase is driven by higher GHG emissions in the transport sector (+11.5%, i.e. +13 MtCO2eq, including +12% for road transport), in manufacturing and construction (+7.2%, i.e. +5.2 MtCO2eq, including +21% for ferrous metallurgy), in the energy sector (+7.4%, i.e. +3 MtCO2eq, including +10% for power generation) and in agriculture (+5.5%, i.e. +3.9 MtCO2eq).