logo Enerdata

より多くの予測

このインターフェイスに含まれるシリーズは、 Enerdataの EnerFutureサービス で利用可能なデータの短い抜粋です。 完全なサービスは以下を提供します。

  • 多くの他のシリーズ には、エンドユーザーの価格、発電量、エネルギー源別の容量などが含まれます。
  • 拡張 のグローバルなカバレッジは、65 以上の国と地域の総計を含みます。
  • 追加シナリオ:EnerOutlookのデータはEnerBlueシナリオ(NDC実績)に対応していますが、EnerFutureには、EnerBase(現在のポリシー)とEnerGreen(2°Cシナリオ)の2つのシナリオが用意されています。
  • 詳細なブレークダウン: 国別、セクター別、エネルギー源/ベクトル別のすべてのシリーズの完全な分解など、洞察に満ちた詳細が EnerFuture で提供されます。 例えば 米国の建物部門におけるガスの最終消費量、中国産業における電力価格、インドにおける太陽光発電の容量、ヨーロッパの産業および加盟国による CO2 排出量など。
  • 完全なMS-Excelエクスポート機能: EnerFuture では、ユーザーは予測のカスタマイズされたセットを選択し、その選択を使いやすい MS-Excel シート (シリーズ別または国別にソート) にエクスポートして、さらなる分析を容易にすることができます。
  • 将来の分析的指標>: マクロ経済指標 (経済成長、人口、一人当たり GDP)、需要指標 (一次エネルギー強度、一人当たりエネルギーおよび電力消費量)、CO2 指標を含む (1 人あたりの排出量、発電の CO2 原単位、炭素価格、GDP に対する CO2 原単位)、再生可能エネルギー指標 (一次および最終消費におけるシェア、発電におけるシェア) )、 その他
  • 限界削減費用曲線 (MACCs): 特定の年、国、セクターで選択された炭素価格で達成できる排出量のレベルと緩和/削減された排出量のレベルの両方を提供します。 これらのレベルは、明示的に詳細化された標準シナリオから導き出されます。 MACC は、幅広い炭素価格で提供されます。
  • 国のスナップショット: 関心のある国を選択し、直感的なグラフと表を使用して将来のエネルギー システムの主要な傾向を調べます。

EnerFuture プレビュー

EnerFuture Forecasts 2050
EnerFuture Forecasts 2050
その他の予測プレビュー

ソース:EnerdataのEnerFuture サービスから生成されたプレビュー

EnerFuture:世界のエネルギー予測

EnerFutureは、2050年までのエネルギー予測を提供します。当社のサービスは、エネルギー需要、価格、およびGHG排出量の将来について明確な洞察を提供します。

詳しくは
限界削減コスト曲線 - MACC

Enerdataの長期的なMACCにより、世界的に認められているPOLESモデルからユニークな洞察と包括的なデータを得ることができます

詳しくは

27

Oct

The European Commission has adopted the EU Climate Action Progress Report, which reveals that the EU domestic greenhouse gas (GHG) emissions rose by 4.8% in 2021 (reaching 3,524 MtCO2eq according to preliminary estimates), after exceptionally low levels in 2020 due to the Covid pandemic (3,354 MtCO2eq). The 2021 GHG emissions remain 4% below 2019 levels.

12

Jul

The battery storage capacity in the US more than tripled to reach 4.6 GW in 2021 (from 1.4 GW in 2020) and increasingly broadened out of ancillary services, according to the American Energy Information Administration (EIA). The amount of battery storage capacity grew 220%, driven by the commissioning of 106 utility-scale systems with 3.2 GW of capacity. About 78% of all storage capacity added 2021 was built in regional transmission organization (RTO) service territories.

29

Jun

South Korea’s greenhouse gas (GHG) emissions rebounded by 3.5% to 679 MtCO2eq in 2021, after a 6.2% drop in 2020, according to the country’s Ministry of Environment. It represents a 6.5% decline compared to 2018 level. This increase was mostly driven by industry-related GHG emissions, which rose by 5.2% in 2021, followed by the energy sector (+3.6%), waste disposal (+1.6%) and agriculture (+0.9%).  In 2021, the energy sector accounted for 86.9% of South Korea’s total GHG emissions, followed by industry (7.5%), agriculture (3.1%) and waste disposal (2.5%). The country’s GHG emissions had been rising by an average of 1.1%/year between 2010 and 2018 and peaked at 727 MtCO2eq in 2018, before experiencing a decrease of 3.6% in 2019. South Korea aims to cut its GHG emissions in 2030 by 40% compared to 2018 levels and to reach carbon neutrality by 2050.

28

Jun

Australia's greenhouse gas (GHG) emissions rose nearly 1% in 2021, as driving and travel increased and as manufacturing activity recovered from the Covid-19 pandemic. The Australian Department of Industry, Science, Energy and Resources estimates that Australia’s total GHG emissions in the year to December 2021 reached 488 MtCO2eq, showing an increase of 4.1 MtCO2eq (0.8%) compared to the previous year. These results reflect an ongoing reduction in emissions from electricity, as well as an increase in emissions from transport, stationary energy (excluding electricity), agriculture and fugitive emissions.