その他のシリーズ

このインターフェースに含まれるシリーズは、Enerdataの EnerFuture サービスで利用可能なデータを簡単に抜粋したものです:
  • エンドユーザーの価格、発電量、エネルギー源別能力など、より多くのシリーズ
  • その他のシナリオ:EnerOutlookのデータはEnerBlueシナリオ(NDC実績)に対応していますが、EnerFutureには、EnerBase(現在のポリシー)とEnerGreen(2°Cシナリオ)の2つのシナリオが用意されています。
  • 詳細な内訳:EnerFutureには、国別、部門別、エネルギー源別/ベクトル別の全シリーズの完全な分解など、非常に洞察に富む詳細が提供されています。 例えば 米国の建築分野におけるガスの最終消費量、中国の電力価格、インドの発電能力、欧州および加盟国の産業からのCO2排出量などが含まれます。
  • 完全なMS-Excelエクスポート機能:EnerFutureでは、ユーザーはさらに分析するために必要な関連予測を取得し、ユーザーフレンドリーな準備済みのMS-Excelシートにシリーズ別または国別にエクスポートできます。
  • その他の分析指標:マクロ経済指標(経済成長、人口、一人当たりGDP)、需要指標(一次エネルギー原単位、一人当たりエネルギーおよび電力消費)、CO2指標(住民一人当たりの排出量、発電のCO2原単位、炭素価格、GDPに対するCO2原単位)、再生可能エネルギー指標(一次消費と最終消費のシェア、発電のシェア)などを含みます。
  • MACカーブ(MACCs):特定の年、特定の国、特定のセクターの特定の炭素価格で達成できる排出レベルと、軽減/削減された排出レベルの両方を提供します。これらのレベルは、明示的に詳述されている標準シナリオから導出されます。 MACCsは、幅広い炭素価格で提供されます。
  • 国のスナップショット:国を選択し、直感的なグラフと表を通じて将来のエネルギーシステムの主要な傾向を調査します。 MS-Excelに完全にエクスポートできます。

EnerFuture プレビュー

EnerFuture 予測 2050
EnerFuture 予測 2050
その他の予測プレビュー
ソース:EnerdataのEnerFuture サービスから生成されたプレビュー

EnerOutlook 2050プレゼンテーション

EnerOutlook

EnerOutlook 2050プレゼンテーションをダウンロードして、さまざまな世界の地域での中心的なシナリオEnerBlueの主な結果の概要をご確認ください。
プレゼンテーションには、2050年までのエネルギーシステムの将来に関する洞察に満ちたグラフと学習とともに、このシナリオの基礎となる仮定に関する詳細が含まれています。

出版物をダウンロードする

23
Apr

Coal should account for 56% of China’s energy demand in 2021

China plans to reduce the share of coal below 56% of primary energy consumption in 2021, according to the National Energy Administration (NEA), from 56.8% in 2020. In addition, the country intends to raise the share of electricity in final energy consumption from 27% in 2020 to 28% in 2021, with 11% of this electricity consumption from wind and solar generation. Renewable power capacity should reach 1,100 GW in 2021. China also expects to produce 196 Mt of crude oil and 203 bcm of natural gas in 2021.

19
Apr

China’s gas consumption expected to increase by 8.6% in 2021

China’s natural gas demand should increase by 8.6% in 2021 to 354 bcm in 2021, according to China National Petroleum Company’s Economics and Technology Research Institute. Gas imports are forecast to increase by 12.5% to 159 bcm in 2021, including 104 bcm of LNG and 55 bcm of piped gas.

China is expected to add 295 kb/d (14.7 Mt/year) of refining capacity in 2021. The country’s net crude oil imports should grow by 3.4% in 2021 to 559 Mt, or 11.2 mb/d. Gasoline demand should increase by 0.8% in 2021 and aviation fuel use by 13%. However, diesel demand is expected to decline by 0.8%. In addition, fuel exports should increase by almost a third to 54.7 Mt in 2021.

08
Apr

Russia lowers its energy production forecasts for 2021-2022

The Russian government has lowered its forecast for oil production from 560 Mt to 517 Mt (-8% on previous forecast) in 2021 and to 548 Mt in 2022 (-2%); forecasts for 2023 and 2024 have not changed. In addition, the country should produce 391 Mt of coal in 2021 (-14% compared to a previous forecast), 390 Mt in 2022 and 2023 (-16% and -18%, respectively, on previous forecasts), and 420 Mt in 2024 (-14%). Where gas production is concerned, Russia is now expected to produce 698 bcm of gas in 2021 (-6.9%), 743 bcm in 2022 (-2%), 773 bcm in 2023 and 795 bcm in 2024 (unchanged); LNG production is still expected to average 30.1 Mt in 2021.

02
Apr

Poland’s gas demand should increase by 60% over the next decade

According to the Polish gas transmission system operator Gaz-System, Poland’s gas demand is forecast to increase by 60% over the next 10-13 years, from nearly 21 bcm in 2019 to over 30 bcm. The country will use gas as a transition fuel before switching to nuclear and renewables. In 2040, gas should account for 30% of Poland’s power mix, followed by wind (30%), nuclear (16%) and solar (5%).


その他のニュース

EnerFuture:世界のエネルギー予測

EnerFuture

EnerFutureは、2050年までのエネルギー予測を提供します。当社のサービスは、エネルギー需要、価格、およびGHG排出量の将来について明確な洞察を提供します。

詳しくは

限界削減コスト曲線 - MACC

EnerFuture MACC

Enerdataの長期的なMACCにより、世界的に認められているPOLESモデルからユニークな洞察と包括的なデータを得ることができます

詳しくは